法人ETCカードで現金での支払いより30%~50%の割引が使うことができます

使用する道路、曜日や時間帯によっては半額まで割引料金で利用できます
年会費や手数料の事を考えても、法人ETCカードを使うことによっての料金のデメリットはあまり見当たりません。 まして毎月、高速を利用する機会が多い方は尚更です。 なるべく割引の多い時間帯を使用することによって利用回数が多ければ多いほどお得になります。

この時間帯は車の数が少ないこともありますので、移動時間の短縮にもなるのではないでしょうか。 平日の昼間や、早朝、深夜に移動や搬送をすることによって最大で50%にもなりますので、法人ETCカード使わない手はないのではないでしょうか。 対象の道路はNEXCOが管理する高速道路で一部の道路を除くとなっておりますので、予めチェックしておきましょう。 首都高や阪神高速道路は対象となりませんので注意してください。 また千葉の京葉道路、第三京浜道路、神奈川の横浜新道などもそのようになっております。

料金の割引以外にも考えれるメリットとして領収書や請求書などの社内の経理の管理がわかりやすくなります。 確かな記録として過去のデータが鮮明に残ります。 これはまた、経理事務の方も今までのように月末や年末、年度末ごとにこの面倒な計算の作業に追われることもありません。 また社員の方にトラブルや紛失などの原因となる可能性がある現金などの手渡しをしなくて済むようになることも法人ETCカードを導入するメリットの一つといえるのではないでしょうか。 出来るだけ可能な限り有効に使うことによって大幅な経費削減が効果的にできるのではないでしょうか。

今まで現金で支払いをしていた方は、割引で損してます

今支払っている高速の料金は総額いくらですか?
法人のETCカードは協同組合で運営管理されていることが多いのですが、その理由は何故なのでしょうか。 やはり、売り上げが少ない個人事業主やまだ設立して間もない資本金の低い法人としての決算が数回の若い会社などではなかなかクレジットカードを過去の実績がないので頑張っても作ることができないという事実があります。 そんな会社でも出資金を支払うことで法人のETCカードを作ることができ、高速の料金の割引を利用することができます。 月間で利用頻度が多ければ多いほどこの割引額は積もり積もって予想外の大きなものになるためです。

やはり将来的にも経費削減を積極的にしたい会社などでは当たり前のものとなっています。 申請する保有する車の台数が多くても基本的には出資の金額は一律となっているところが多いです。 少量ですが手数料や組合費はETCカード一枚毎に均等に掛かります。 結果として、それでも30%~50%の割引があることを考えたら、こうして出来るだけ早く作らない手はないのではないのでしょうか。 自営でバイトの人数を抜かすと従業員が社長さん一人だけだったとしても、大きな差額のプラスとなる意味や得られる金銭のメリットがあります。

今後は会社の売上に対し消費税が10%にアップなども行われることが近い将来予想されます。 さらにこれに今のような不安定な経済状況の中ではいつ何が起こるかわかりません。 将来的にはそんなときのために出来るところから、既にある割引やサービスは知ることで全て逃さずに利用するくらいでいかないと弱い中小企業はどんどん影響を受けて厳しくなってしまいます。 まずは、このように簡単に出来る法人ETCカードで無駄に多く支払っている高速の料金を少額でも削減することから最初はスタートを始めましょう。

 法人ETCカード【50%割引】年会費無料