年会費・手数料が掛ったとしてもやはり割引の方が大きいのではないでしょうか?

決まった車両を利用か、登録者以外でも利用可能かで年会費・手数料が異なる
会社によってどちらが便利で得をするかは異なりますし車両の数やドライバーの数に合わせて必要な枚数も変わってくることが予想されます。 手数料や年会費も法人ETCカードによって違うので、当たり前のことですが必要経費は変わってきます。 高速道路をどのような形で利用する事が一番多いのかを考えて選択をしましょう。

JCBなどのクレジットカード会社のでも年会費は初年度無料のパターンや4,000円分のキャッシュバックキャンペーンなどをしていることもあります。 キャッシングや買い物枠が欲しいときや、貯まった永久ポイントなどを活用したい場合などはそれができる会社の法人ETCカードの方がいいのかもしれません。 しかし、当然ですが厳しい度重なる合否の数日間の審査があります。 0から起業して間もないベンチャーの会社や安定した経常利益を出せていない場合などは、作りたくても作れない厳しい審査の状況があります。 そういう会社が多く利用しているのが協同組合です。 年会費・手数料という形ではなく初期に出資金が一万円掛ります(これは脱退時返金されます)が、30%~50%の割引が利用できる事を考えればかなりお得になります。

年会費・手数料を差し引いても法人ETCカードは断然お得です

高速道路の料金の割引以外にも法人ETCカードにはたくさんのメリットがあります
所有している枚数ごとに年会費や手数料、協同組合を利用する場合は組合費が掛ってしまうと、余計な経費が増えてしまうのではないかと心配している社長さんも多いのかもしれません。 しかし、3割~5割が高速道路を利用する度引かれるだけでも確実に現金で支払いをしていくよりずっと経費を低く抑える事ができます。 これは車両の数が多ければ多いほど、毎月の走行距離が長ければ長いほど、毎月の請求額より割引額は大きいと言えるのではないでしょうか。 青色申告の個人事業主さんなどで、頻繁に高速道路を使っての移動が多い社長一人が節約で法人ETCカードを新規に作る場合もこのようにあります。 出費の年会費・手数料を考えたとしてもそれでもやはり計算するとお得なのです。

また専属ドライバーや車両を多く抱える運送会社では、月末や年末の領収書や請求書を纏める作業に手を焼いている所も検索をすれば多くあるのではないでしょうか。 特に現金で直接支払いをしていると、不注意で落としてしまったり意図せずに大金が入った大事な財布ごと不幸にも失くしてしまったりなどもあります。 社員に余分な現金を持たせないと言うリスク回避の意味でも安全で便利です。 さらに面倒くさい経理作業の余計な手間も大きく省けます。 結果的には一枚ずつで高速道路の入り口、出口のインターチェンジの名前が明細にしっかり記載されるのです。 これは使用後でもわかりやすく記事を羅列してアーカイブし綺麗にエクセル表にまとめる事ができます。 毎回手数料や年会費などが多少なりとも掛ったとしても、結局はそれに掛る作業の時間や手間のコストを考えると法人ETCカードを作るメリットはかなりあるのではないでしょうか。

年会費の割に明細欄が見やすくて便利

法人ETCカードのメリットとしては、社員がどの時間帯にどれくらいの料金で高速道路を利用したかを一覧の表で瞬時に見れる管理の手間が省ける部分もあります。 登録したカード毎の車載器のデータが毎月一覧で明細になって送られてきます。 同じ法人ETCカードでも異なる自動車で通過した際も、どっちの車であったかも分かるようになってます。 これらの管理は年会費や手数料を考えてもメリットがあり、更に割引適用の区分も見れることで、今後どの時間帯にどうすれば安くなるかを戦略を練れるようになっています。 また別途でマイレージ登録をすればポイントも同時にみれるので、年会費を考えてもETC法人カードはお得かと思われます。

 法人ETCカード【50%割引】年会費無料