法人ETCカードの作り方は非常に簡単で手続きもスピーディーです

車両に限定はなくレンタカーも利用可能
作り方の前に準備しなくてはいけないものとして法人のお客様は商業登記簿謄本、車検証、ETC車載器のセットアップ証明書が必要になります。 これらは全て写しで問題はありません。 個人事業主様の申請の際は所得税確定申告書が必要になります。 こちらも写しで、特に問題はありません。

また代表者の身分証明書(運転免許や運転経歴証明書、パスポート、外国人登録証明書など)と会社によっては定款や有価証券、事業報告書を用意しなくてはいけない時(法人の本人確認ができない時など)があります。 ほとんどの会社が上記のものがあればほぼ間違いないと言えます。 基本的に組合などでの作り方はもっと簡単なことがありますので、まずは公式ホームページから確認してみましょう。 大手クレジット会社の場合でも契約する際に準備するものは変わりません。

しかし合否の審査基準がありますのでスペックによって通らないケースもあります。 またお支払いをする際に必要な銀行の口座番号を確認できる金融機関の通帳やカードも用意しましょう。 これはメガバンクであってもゆうちょ銀行であっても大丈夫です。以上が簡単な説明です。 これは世間の一般的な法人ETCカードの現段階での一番基本のオーソドックスな作り方となっています。

法人ETCカードの契約の申請は公式サイトの申込フォームから

一般的に書類到着から10日前後掛かります
個人の時と同様に法人ETCカードでも申込から約10日前後は審査、発行までに時間が掛かると考えていいでしょう。 作り方は特別何か難しい事はなく公式ホームページの申込フォームに必要事項を入力しメールを送信します。 これは組合の場合でも大手カード会社でも同じです。 内容は会社名、住所、代表社名や電話番号以外にも登記上の資本金やバイトも含めた従業員数、設立や開業の年月などがあり登記簿謄本が手元にあると便利です。 その後、申込用の必要書類が自宅に送付されてきますので再度返送して提出することになります。 協同組合では、その際に出資金の支払いをする作り方になります。 これは辞める時には全額返ってくる保証料の敷金のようなもので、発行、取扱手数料とは異なり一番初めだけ万が一の為に支払います。

大手クレジット会社ではこのような持ち出しの出資金の自己負担はありませんが、このようにゼロから自分で起業してからの登記の年数や実績などを見る審査が法人ETCカードにはあります。 全てが完了するまでの期間は、最初の申込から約2週間程度掛かります。 ですから、今すぐにとお急ぎの場合は早めに申込を完了させ記入した書類を郵送で提出しましょう。 作り方の手順はほとんどの場合、流れも共通していますが組合とクレジットカード会社では若干異なりますので随時確認と注意が必要です。

作り方は簡単で車両数が少なくてもメリットがある法人ETCカード

大手企業から法人成りしてない個人事業主まで便利に活用
個人でなく法人ETCカードを所有するメリットは大きな会社や専属ドライバーや保有の車両数が多い企業だけでなく、青色の個人事業主や社長一人しかいないという場合でも作り方は変わらず有効に活用する事ができます。 交通の経費としてまとめやすかったり現金等の従業員とのやり取りを極力減らしたり、運転の状況を把握できるだけでなく単純に割引が効く高速道路を使用した分お得になります。

もちろん、法人ETCカードの年会費や取扱手数料が掛かりますので運転を月に一回もする機会がなかったり、下道ばかりで高速道路を使わないのであれば意味は全くありませんしお金で損をするだけです。 作り方も難しくないので、企業の規模や正社員のドライバーの数に関わらず高速道路を使用する場合、少しでも経費やコストを削減したい会社には必要不可欠なのです。 もちろん出入り口のインターなどの料金所での渋滞の回避による時間の短縮にも結果としてつながります。 逆に道案内の最新のカーナビが付いている便利な車で混雑してない高速道路を利用する際にはデメリットはないといってもいいでしょう。

チェックすべきなのはそれくらい日本全国では当たり前のものになっていて、現金での支払いをされている方が、このように法人ETCカードの影響で減少しているとも言えるのではないでしょうか。 これをタイミングの良い機会に作り方も簡単ですので経費削減も考えて一度申込をしてみてはいかがでしょうか。

 法人ETCカード【50%割引】年会費無料