年会費?手数料?何にお金が掛るのでしょうか?比較してみましょう

高速情報協同組合

JCB一般法人ETCカード

高速情報協同組合

JCB

出資金(脱退時返金)
10,000円/1社
年会費 0円
取扱手数料 525円/
発行手数料 525円/1枚
≪おすすめ≫

通常年会費
初年度年会費無料
1,312円(税込)
使用者追加一名 1,312円(税込)
カードご利用可能額(総枠)
30万~100万円

法人ETCカードを比較するポイントはどこなのでしょうか?

まず一番の比較ポイントはクレジット機能が付いているかいないかと言う事になります。 法人・個人事業主のお客様が審査に通りキャッシング機能付きのETCカードを作る事ができるか、できないかで大きく異なります。 起業したばかりの不安定な会社やまだ実績がなかったりすると、なかなかクレジットカードを法人で契約するのは難しくなっています。

そうなると、上記の表ではJCBのブランドは利用できない事になります。 そのようなお客様は非常に多く、そんな中小企業でもお得な割引価格で利用できるようにこのような協同組合があるのです。 ですからシステムや形態も利益重視ではありませんので、ここは比較的に安心して利用できると言えます。 それではこの中ではどの会社を選ぶのが自社にとってベストなのでしょうか。 出資金は上記の表の三社は、どこでも1社につき1万円になります。 これは車両が何台でも一切追加は無く、こうした一律として数字は差はあまりなく変わりません。

また、これは解約後は返ってくる一時預かり金、または例えるならば保証金のようなものになります。 これはどこを比較してもそこまで料金の差額は現状では僅かしかありません。 それ以外には発行手数料や月額の組合費などになります。 会社によって車両の台数や常時雇いの社員の数が異なりますので、これは発行枚数によって変わってきます。 しかし、いずれにせよ1ヵ月で高速道路を利用する事が多い場合は直接現金での支払いと比較してみてもこのサービスを上手に使わない手は無いと言っていいでしょう。

全国異業種協同組合連合会のETC法人カード

全国異業種協同組合連合会という団体があり、50社が組合に入っていてそこに10,000円保証金で申し込めば法人ETCカードが発行できるというのもあります。 この会社の立ち位置が不明ですが、私的感想では役人の天下り先として用意された法人格の団体で、ここのカードを使えば高速料金が安くなりますよという仕組みのような気がします。 申込をする会社オーナー様としてはマイナスのリスクはないので、組合になっている50社のうちの管轄の都道府県で申し込むことで問題なく割引を受けれるかと思います。 法人ETCカードは取り扱っているところは全国でも多数あり内容を比較するとしても、「保証金の大小」「明細書の見やすさ」くらいでしか判断できないので、どれも同じようになります。 時々、悪質な保証金を10万円も要求するところもありますが、基本的には1万円です。

比較のポイントとしてJCBやその他のクレジットカード会社の方が知名度は高い

協同組合というものを初めて聞くという方も多いのではないでしょうか
法人のクレジットカードとではなく同様の三社の優劣を比較するポイントは非常に難しく、どこも基本的な内容は変わりません。 強いていえば、支払う組合費の金額などが少し異なるくらいなのではないでしょうか。 システムとしても共同購買することで高速道路やガソリン燃料などで出来るというものです。

上記で紹介している3つは目立たないですが、どこも事業の設立の歴史は古く業界でも有名で信頼され安心感があります。 かなり昔からあるものですので安心して末永く利用する事ができます。 それ故に是非の比較は非常に難しく、後はポイントはどのような提供サービスやプラン設定の違いがあるか詳細の比較になってきます。 既にもう20年間もこの形で割引システムを維持している所もあります。 あとは、仕事の業務で平日に使用する車両の数や頻繁に乗車する社員の人数などによって作る合計枚数が変わってきますのでそれも考慮しなくてはいけません。 少しでも毎月の支出を安く節約をしたいのであれば、組合費などがポイントとなります。 ですから、これを踏まえてしっかりと各社を比較し安い所を選びましょう。

また、クレジットカードの種類によってもランニングコストの年会費の大小が若干は内容が変わります。 現行として車両の上限の数が限定されるコーポレートカードと個人名義やレンタカーでも使用可能な法人ETCセディナカードでは用途や目的が多少異なってきます。 申込まれた会社での高速道路の利用の仕方によってもサービスの選び方は若干ですが違います。 誰もが恐らく知っている大手のクレジットカード会社の審査と比較しても、このように必要な書類をしっかり揃えて手順を踏めば利用できない事はほとんどありません。

 法人ETCカード【50%割引】年会費無料