ガソリン法人カードでお勧めは、JCBシナジーの割引

ガソリン法人カードを使用して経費削減を目指しましょう
近年、法人も個人事業主の方も会社を経営していくのは非常に難しく厳しい状態が続いています。 そんな中消費税アップなど逆風は強まるばかりで、資金集めに苦労している社長さんも少なくないのではないでしょうか。 スタッフの人件費だけでなく設備費なども含めてコストを削減をすることや無駄な経費を増やさないためにも使用できる割引やサービスなどを使わない手はありません。

1回数十円の細かい節約でも継続していく事で非常に大きな額になります。 ガソリン法人カードもこれから少しでも経費削減を目指す社長さんにとっては比較するのにもってこいの商品です。 先月使用した分に応じて割引価格が決まるので車での移動が多かったり、社員が車で顧客を営業に回ったりする場合は大きな額の節約になるのではないでしょうか。 前月に七万円以上ご利用になられた場合には、ガソリンの給油値引き単価は2018年5月現在でゴールドのシナジーJCB法人カードで一リットル当たり10円引きとなります。 仮に価格の変動があるガソリンの場合少しでも安い価格を求めることは今後も会社を経営していくうえでの大きなポイントとなるでしょう。

ガソリン法人カードで初年度年会費無料

社長1人のみが利用する場合でもお得になります
このガソリン法人カードは社用車を何台も所有する会社でなくても社用車を保持している場合かなりのメリットがある優秀な商品です。 もちろん全国のガソリンスタンドのエッソ、モービル、ゼネラルで使えるだけでなくJCB加盟店で常時利用する事ができます。 払うだけで戻りのリターンが望めない余計な経費を少しでも削減するためには移動の際の燃料代は年間を通してみると実は馬鹿になりません。

またこれらの個々の領収書などをまとめる作業も必要なくなることを、この段階で考えると経理の人件費やその時間に充てている労働力を他の営業に回すことができます。 もちろん有難いゴールドと一般ランクでは、ガソリン法人カードとして不定期の給油の際の割引率が格段に異なります。 また他にも海外旅行の際の損害補償や空港ラウンジやレジャー用の国内のゴルフコースなどの複数の特典も同時に付着しています。 これは一般でも同様ですが使用車両ごとに一括払いの年会費が別途必要になることと、会社でどれくらい給油でガソリンの量を入れるかのバランスを考えネットから申し込みをしましょう。 ほとんどの場合マイナスとなり最終的に損をすることは現状を踏まえると結果的にはないでしょう。

ガソリン法人カードを有効活用する事で大幅な節約も可能になります

今後はガソリンに関わらず削れるところは支払いを1円でも削る
シナジーJCB法人カードで軽油やガソリンを給油するだけに限らず、会社の経営者は今後は数パーセントでも割引になるのであればどんな方法でも使えるものは利用した方がいいでしょう。 消費税のアップの事(8%)や現在の日本の経済状態を考えると、クレジットカードのポイントやクーポンなどのサービスで掛かるコストを上手に抑えていく事は末永く生き残っていくための処世術とも言えます。 ガソリン法人カードなら今まで社員の燃料費をばらばらで財布の現金で清算していた場合は、その手間や時間を半分以下にカットする事ができます。 部署の社員や信用が浅い若いアルバイトに都度現金を預ける危険な機会も大幅に減ります。

これにさらに領収証の紛失などで、忙しい時に一層、面倒になった事もあるでしょう。 それらをシナジーJCB法人カードを使用する事で総額をまとめることができます。 更にその利用額に応じてガソリンの給油代の割引の恩恵も受けることができます。

現段階で確実に間違いなく言えることは、クレジットカードを今後作ろうかどうしようか迷っている方もいます。 また、このように特に理由がなくても、これから新規で契約したいと考える方は人数が社長一人だけでも、ガソリン法人カードは間違いなく作っておくことです。 こうして利用できるお得な割引を取りこぼさないことができるのではないでしょうか。

 法人ETCカード【50%割引】年会費無料