法人のETCカードを利用するとどんな割引やメリットがあるのでしょうか?

【高速情報協同組合】の法人ETCカード

最大50%割引の高速協同組合

【JCB法人カード】ETCとクレジット機能が一枚

JCBのETC法人カード

【比較のポイント】法人ETCカードを比較

比較のポイント

【キャッシング機能なし】クレジット機能がない

キャッシング機能なし

法人ETCカードで現金で通過するより30%~50%も割引になります

高速道路を利用する曜日や時間帯に合わせて割引を利用
時間的にスムーズに料金所を通過できること以外にも様々なメリットが法人ETCカードにはあります。 これだけで、かなりの経費削減になるのではないでしょうか。 特に現金で今まで支払いをしていた場合と比較するとかなり得をします。 また走るごとにETCマイレージサービスを貯めていき還元していくことができるので契約により大きな節約も可能になります。

  • 通勤割引:50%OFF
  • 深夜割引:50%OFF
  • 早朝夜間割引:50%OFF
  • 平日夜間割引:30%OFF
  • 平日昼間割引:30%OFF

この平日昼間割引は午前6時から午後8時までに地方のNEXCO(東日本、中日本、西日本)が管理する高速道路の出入り口を通過することで、最大で100km分の料金が30%オフになります。 また、深夜割引の時間帯は午前0時から午前4時までとなっています。 夜中の運転ドライバーが多い会社等では、是非とも法人ETCカードで利用したい割引になります。 手数料や年会費などを含めても確実に経費を削減していくことができるコーポレートのシステムになっているのではないでしょうか。

 割引が法人ETCカードならいくらか?

法人ETCカードの割引以外のメリットや会社としての利点

法人ETCカードでお金やクレジットの管理もスムーズにできるように
まず、役員でないバイトの従業員に危険な現金を持たせなくていいという事です。 これは近年では当たり前のことのようになっていますが、会社によっては未だに現金での手渡しのやり取りが行われています。 実際にはこれによるトラブルが起こってしまう事も多々あるようです。 (現金を渡した、受け取ってない、失くしてしまった、落としてしまった)などです。

また、これによってご利用明細や請求書などを一括でまとめるのも非常に簡単になります。 細かい経理として月末や、決算時にいつも何枚もの領収書を集めたり探したりしなくて良くなります。 実はこの作業で気がつかない間に月末や年末年始、年度末などの貴重な時間を大幅に取られているのです。 契約する年会費が無料のコーポレートカードの種類によってどの車両でも使えるものもありますし、登録車両限定の一台しか使用できないものもあります。 ドライバーの方が比較的、退職せずに固定されている場合などは、それでも大丈夫ですが、車両の受け渡しなどがある場合は後者の方が並べてみると便利でしょう。 請求書や利用明細がわかりやすくなるので経理事務の方も精神的にも楽になるのではないでしょうか。 マイレージの反面で考えられる法人ETCカードのデメリットは私用で仮にプライベートで使ってしまう事ぐらいですが、これは燃料費と同様に簡単に調べたり確認をする事はできるのではないでしょうか。

設立間もない新会社でも審査なしに法人ETCカードを作れる!?

クレジット機能の付いていない年会費無料のETCカードを利用する
新規で立ち上げたばかりの人数の少ない会社で法人専用を作りたくても法人税の決算の業績がなかったりすると契約の審査に通らない事がほとんどです。 それでも、高速道路を利用する事が多い会社などではやはりETCカードは仕事で乗車するたびに毎回利用したいはずです。 そのような場合には合否の審査がない高速協同組合の商品がインターネットで、徐々に広がり人気になっています。

何故、細かい審査がないかというとクレジットやキャッシングの機能が一切付いていないものだからです。 発行手数料や、取扱手数料は別途掛ってしまいますが、それでも割引料金で高速道路を利用できる事やマイレージを考えると断然に経費削減はできます。 それ以外にも、料金所での渋滞や待機の時間が掛ってしまう事を回避できますし、また普通に事務作業時間の短縮にもなります。 社員全員が持たなくても代表である社長一人が持っているだけでもたくさんの得られるメリットがあります。 ポイントとしては個人ではなくコーポレートなので難しい与信の審査なしでも、複数枚クレジットカードの同時発行がwebで簡単にできます。 保証人の擁立や時間をかけての来店も不要なのでインターネットやスマホやwifi接続のタブレットですぐに誰でも申し込みができます。

こうした法人のお客様の場合は商業登記簿謄本、また、個人事業主様の場合は所得税確定申告書の作成が必要になります。 どちらも原本でなく所轄の税務署の押印があればコピーの写しでもほとんどのケースで特に問題はなく基本的には大丈夫です。 それ以外には、車検証とETC車載器セットアップセットアップ証明書(これらも写し可)が必要になります。

 年会費無料の法人クレジットカードの利点

法人ETCカードを作ったら還元されるマイレージ登録もしましょう

NEXCOなら10%還元されます
知っているか知らないかで大きく違うのが、保有しているETC法人カードのマイレージ登録です。 事前に登録するだけで自動的に高速道路で利用した金額の10%が還元されていく便利なシステムで登録料無料で年会費も0円なので申込ないのは損になります。 条件は法人ETCカードを持っていることと車載器を持っていることです。 これとは別に「大口・多頻度割引」や「平日朝夕割引」というのがあり事前に申請が必要ですが、各制度を重複利用することはできないので、ご自身の会社で一番節約になるものを選びましょう。 車載器を持ってないと駄目ですのでレンタカー営業する機会が多い会社には不向きになります。

 マイレージ登録で還元率は0~19%

個人名義より法人名義のETCカードの方が経費算入しやすい

運送会社やタクシードライバーなら個人名義でも決算時の経費算入に疑いの余地がなく税務署も認めてくれるのですが、自動車が必要かどうか微妙な職種では難しい場合もあります。 全額経費でなく、私生活の負担分もあるので、70%経費とか言われないように、法人ETCカードを持っていれば100%請求することができるメリットがあります。 ホームページ作成の会社をしていてお客様との打ち合わせで自動車を使っても、経費の証明が面倒だったりするので予め個人ではなく法人のETCカードだったら紙一枚で簡単に処理できます。 同じようにガソリンについても私生活との按分がありますが、法人用のガソリンカードを使ってしまえば細かいところまで見られなければ問題ないはずです。

法人ETCカードでお金だけでなく時間や手間も削減

お盆や夏休みや年末、GWなどの渋滞回避にも使える
連休中の平日などはお休みの子供を乗せた大型のファミリーカーなども多く、高速道路も混乱して普段の運転と同様には行かなくなります。 もちろん渋滞も深夜にもかかわらず事故も多くなりますので普段の数倍以上ドライバーは神経をすり減らすことになります。 そんな時にマイレージ搭載のコーポレートの法人ETCカードを搭載していれば少なからず料金所周辺でのトラブルを少なからず軽減する事ができます。

高速の長蛇の渋滞などに巻き込まれない事というのは無駄な時間を短縮できますのでその分休憩や仮眠が多く取れたりしますので数十分でもかなりのプラスアルファになるのではないでしょうか。 蓄積された疲れからの居眠り運転や不可抗力の追突事故はやはり高速道路では件数が多い事故の理由です。 ですからこれを踏まえると十分に注意しなくてはいけません。

またETCカード利用で少なからずストレスも回避する事ができますので普段仕事で長時間運転をしていて、テクニックや技術が高い方はあまり慣れていない方や初心者のドライバーがいるとイライラしてしまったり不必要に煽ってしまう事がありますのでリラックスして余裕を持ちましょう。 特に長距離の方は途中で寄る、大型のサービスエリアでの食事やトイレの時間を少しでも多く取って疲れを回復させ有意義にするために年会費無料の法人ETCカードの搭載での料金所での渋滞回避は必要不可欠で無事故無違反での仕事の完了に繋がるのではないでしょうか。